ターゲットに応じて臨機応変に

ステンレスボトル販促品を作る上で心がけたいのがターゲットのツボとなるような品物を作成するということです。販促品ですので売り物ではありません。ただで差し上げるものとなりますので、それを受け取るのを拒むということはないにしろ、よりターゲットにとって魅力的なものであればあるほど売上に直結することになるでしょう

そのためたとえばステンレスボトルを販促品にしようと思う場合、まずはどのような人がマイボトルを必要とするのかという点を明確にマーケティングしておく必要があるでしょう。例えばビジネスマンがいつも携帯するために持ち歩くかもしれませんし、スポーツをする方が水分の補給のために持ち運ぶこともあるでしょう。そこで自分たちが売りたい商品がどのようなそうに訴えるかという点を考えることによって、どのようなタイプのステンレスボトルにするかという点も変わってきます。

もしもビジネスマンなどオフィスワークをする方たちのために販売したい商品がある場合は、ステンレスボトルもおしゃれなデザインでカラーリングなどにもこだわった方が良いかもしれません。またスポーツをする方のために販売したい商品がある場合には、ステンレスボトルもスタイリッシュで持ち運びがしやすいものに特化した方が喜ばれるでしょう。