忘れてはいけない名入れ

相談販促品を作成する上で絶対に忘れてはいけないのが、会社にお店の名前を入れることです。名前などが入っていない方がどこへででも気兼ねなく使えるだろうと考えて、何もロゴなども入っていないものを作成してしまうと、売上がそれによって向上するということはあまり見込めないことでしょう。あくまでも販促品の目的は売上を上げることですので、そのために欠かせない社名やお店の名前といった部分は外さないようにすることが大切です

また社名などを入れるのは少し抵抗があるという場合には、おしゃれで考え抜かれたロゴをデザインするのも良いでしょう。すでに会社として用いているロゴがあるのであればカラーリングなどにも注意しながら、販促品に入れることができます。ある程度認知されているロゴであればそれだけでも大きな宣伝効果を生むでしょう

ただし、ロゴだけで成立する販促品の場合、それまでにもある程度の認知度がなければ意味がありません。またロゴそのものも練り上げられたデザインである必要があります。しっかりと効果を上げるロゴを作成するためにもデザイン会社などに相談すると良いでしょう。名入れ見積を無料で行ってくれるデザイン会社も少なくありませんので、いくつかの候補を入念にチェックすることを忘れてはいけません。


◇推奨リンク◇
スイートプロモーション
└名入れ見積無料の販促品販売サイトです。

ターゲットに応じて臨機応変に

ステンレスボトル販促品を作る上で心がけたいのがターゲットのツボとなるような品物を作成するということです。販促品ですので売り物ではありません。ただで差し上げるものとなりますので、それを受け取るのを拒むということはないにしろ、よりターゲットにとって魅力的なものであればあるほど売上に直結することになるでしょう

そのためたとえばステンレスボトルを販促品にしようと思う場合、まずはどのような人がマイボトルを必要とするのかという点を明確にマーケティングしておく必要があるでしょう。例えばビジネスマンがいつも携帯するために持ち歩くかもしれませんし、スポーツをする方が水分の補給のために持ち運ぶこともあるでしょう。そこで自分たちが売りたい商品がどのようなそうに訴えるかという点を考えることによって、どのようなタイプのステンレスボトルにするかという点も変わってきます。

もしもビジネスマンなどオフィスワークをする方たちのために販売したい商品がある場合は、ステンレスボトルもおしゃれなデザインでカラーリングなどにもこだわった方が良いかもしれません。またスポーツをする方のために販売したい商品がある場合には、ステンレスボトルもスタイリッシュで持ち運びがしやすいものに特化した方が喜ばれるでしょう。